”花びら”入りのグラノーラ、そして食品の背景を考える

雑談
こちらの写真はイメージです
この記事は約4分で読めます。

なんと”花びら”が入っているグラノーラをスイスで見つけちゃいました♪

まさか”花びら”が入っているなんて・・・・

おしゃれですよね♥

中身はこんな感じ。

 

青紫の花びらロマンチックで何だかウキウキし、食べる前は気持ちが高ぶってしまします。(笑)

私はアーモンドミルクと一緒に食べるのが好きです。このグラノーラにはココナッツヘーゼルナッツなども入っており、たくさんのナッツの風味グラーノラの組み合わせをとても気に入っています。

青紫の花びら:ヤグルマギクの花

調べてみると、入っている花びらの名前は「ヤグルマギク(ドイツ語:Kornblumenblüten)」、ヨーロッパ原産の花だそうです。

ヤグルマギクの豆知識

  • 青紫色の美しさから、最高級のサファイアの色味を「コーンフラワーブルー」(ヤグルマギクの花の青)として引き合いに出される。
  • ノヴァーリスの小説『青い花』(邦題;原題は「ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」)に登場する青い花(ロマン主義の象徴ともされる)はヤグルマギクといわれる。
  • ツタンカーメン王の棺の上にはヤグルマギク、蓮、オリーブ等で作られた花輪が載せられていた。
  • マリー・アントワネットが好んだ花であり、洋食器の『小花散らし』の模様は彼女がデザインしたヤグルマギクの柄に由来する。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この花には素敵な背景があるんですね。さらに気分が上がります…!

花びらを食べてみて、味に”くせ”は全くないです。見た目で楽しめます♪

どこで買える?

木のマークが目印のスーパーマーケット『SPAR』で買うことができます。

スイス人御用達の『MIGROS』、『COOP』には及びませんが割と大きめのスーパーマーケットです。

『SPAR』は、そもそもオランダのアムステルダムに本部を置く、ヨーロッパを中心に30カ国以上の地域で展開する世界最大の食品小売りチェーンです。

なのでスイスではなくてもヨーロッパであれば、お買い求めいただけます。

このグラーノラのさらなる “プラスα”

最初目に入ったのは、先ほどご紹介した”青い花びら”なんです。

しかし調べている途中で、たくさん興味深い事柄を発見することができました。

その他の原材料:サイサリスとは?

原材料を調べるにあたって、ドイツ語で書かれた原材料名とにらめっこをしていたのですが「Physalis(サイサリス)」という見たことない言葉を見つけました。このグラーノラを食べていても、甘酸っぱさと色から、杏子かな?と思っていたのですが、後々、この言葉を知らベてみると、なんとホオズキの実でした。

ホオズキの実が食べられることはご存じでしたか?

私は知りませんでした。

ホオズキと言えば、夏~秋ごろに祖母がいつも乾燥したものを”飾り”として使っていたイメージ、そして地元では毎年ホオズキ祭りという行事が秋に行われており、私が知っているホオズキに関する知識はこんなものでした。。。

先ほど述べたように、味は甘酸っぱくて爽やかさがあり、フルーティーな感じがとてもこのグラノーラのアクセントになっています。

また、個人的にドイツ語ではホオズキを「サイサリス」と呼ぶ響きが気に入っています♪

パーム油が入っていない

パーム油と言えば、インスタント食品スナック菓子ジャンクフードの揚げ油として、また洗剤などにも使われています。常温は固形であり、固形のパーム油は口に中でとろけることから、チョコレートやアイス、マーガリン、ホイップクリームの代替品として使われています。

なぜ、わざわざパーム油が入っていないことを強調するのか?

なぜなら、パーム油を生産するアブラヤシ農園は、熱帯の森林を切り開いて作られるからです。

パーム油は世界で最も生産されている植物油です。世界中でパーム油を消費しているということは、森林が驚異的なスピードで消え続けていることを意味します。

パーム油のために熱帯雨林が失われ、希少な動物が絶滅の危機にさらされています

アブラヤシは高温多湿の熱帯地域で育つ植物です。原産国は西アフリカや中南米ですが、1960年代以降マレーシアで、1980年代にはインドネシアでプランテーションによる栽培が盛んになりました。現在、パーム油生産の80%以上はマレーシアとインドネシアで行われています。

少しでも環境に優しい商品として売り出しているようですね。街中に住んでいる私にとっては、遠いところの環境破壊を考えるのは、正直言うと少し難しいです。これを機にもう少し意識してみたいと思います。

日本では”植物油脂”などと表記されているようです。

おわりに…

ひとつのグラーノラの商品からだいぶ話が広がりました。ひとつの商品の中にも、探してみればたくさんのストーリーが背景にはありますね。

珍しい商品なので是非スイス、またはヨーロッパに来て「SPAR」を見つけた際は、一度こちらをお目にかかってみてはいかがでしょうか。

お土産にいいかどうかは・・・わかりません(^^♪

コメント