12月6日スイスでは、裏サンタクロースの日

スポンサーリンク
雑談
この記事は約3分で読めます。

スイスでは、12月6日はサンタクロースの日です。

10月末頃から既に、スーパーやパン屋さんでこの日のためのパンが売られ始めます。

今まで何となくこの時期食べていたパンですが、以外な秘密があったんです。

スポンサーリンク

サンタクロースの日

日本では、サンタクロースがプレゼントを届けてくれる日は12月25日のクリスマスですが、スイスでは12月6日サンタクロースがやって来ると言われている日です。

このサンタさんのような(?)のパン、『グリッティバンズ(Grittibänz)』と呼ばれているんです。

なんだか難しい名前ですよね。

こちらは、以前、パン屋さんから職場に届けられたものです。形はちょっと微妙・・・(笑)

しかも片足かじってから写真とっています、すみません。。。

目には、よくレーズンが使われています。

手に持っているものはローズマリーです。

スポンサーリンク

グリッティバンズの種類

もちろん、お店によって形は変わってきます。

こちらは”Kuhn”というパン屋さんのポスターです。とても可愛らしい表情をしています。

マフラーに模様のついたズボン、パイプを咥え、とても凝っているように見受けられます。

そしてこちらは、スイスおなじみの”ミグロ”というスーパーで売られているものです。

かなりおおざっぱですが、こちらの表情もまた愛らしいです。

お値段はひとつ、300円~500円くらい。

味はというと、日本でいうロールパンのような感じです。

こちらは、スーパーの中でもその日の焼かれたものです。

袋入りよりも、こちらがやはり出来立て感があっていいです。

グリッティバンズには、砂糖がかかったもの、チョコレートバーをもってるもの、パイプ咥えているものがメジャーです。

『グリッティバンズ』名前の由来

さて、写真を見てきましたが、「本当にサンタクロースなのか?」と思いましたよね。

パイプを加えているものもあったり、私からすると”ただのおじさん”かな・・・?という印象です。

そこで、グリッティバンズにまつわる説を調べてみました。

「Gritti(グリッティ)」は、脚の形を表す「広げられた」または「またがった」に由来し、「Bänz (バンズ)」は、1800年代の一般的な名前である”ベネディクト”の短縮形で、あらゆる男性を表す代用名として使用されていたそうです。

そして、そもそもこの人はサンタクロースという解釈ではなく、厳格な態度を持った異教の人物である『シュムツリ』という人を表しているようなのです。キリスト教化の間に、サンタクロースの同伴者(従者あるいは助手)をしていました。

今では12月6日にはサンタクロースとともに現れ、悪い子供を懲らしめる役目をしています。良い子にご褒美を与えるサンタクロースと対比され、ドイツでは「黒いサンタクロース」などとも呼ばれているそうです。

おわりに

味は全く普通なのに、この時期になると食べたくなるパンです。

季節限定のものにはすぐ目がいってしまいますよね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント