【レビュー】初、エティハド航空を利用しました(アブダビ経由)

スポンサーリンク
雑談
この記事は約6分で読めます。

先日、日本にやっと一時帰国できました。

この度の世界情勢により、様々な航空会社の複雑な各国経由状況、直行便でも14時間のフライト、ヨーロッパ経由ではロストバゲッジ多発、などの様々な理由を経てこの度、エティハド航空にたどり着きました。

しかしながら、色々な航空会社を試して色々な国を経由する、機内の雰囲気や客室乗務員の方々の様子、違った雰囲気の機内食を試してみる、それも私にとってはひとつの楽しみなのです。

これまで、日本へ帰国する際は、SWISS(今はドイツに買収された、もともとはスイスの航空会社)、ANA大韓航空オランダ航空フィンランド航空キャセイパシフィック航空(香港の航空会社)などを利用してきました。

新しい航空会社を利用する時、少しでも雰囲気がわかると安心すると思うので、この記事もエティハド航空を利用するかもしれない誰かのお役に立てると嬉しいです。

スポンサーリンク

エティハド航空

エティハド航空は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに本拠を置く航空会社です。そのため、アブダビ空港での乗り換えが必須となってきます。アブダビ空港は空港内の独特なデザインが有名ですね。

2012年には「中東で最も優れた空港」とされ、デザインだけではなく利便性も高く評価されている国際空港です。

同じUAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空と並んで中東の代表的な航空会社です。

実はネガティブな評判が多い

今回、この航空会社を検討中、たくさんのネガティブなコメントを目にしました。キャンセル時の返金作業が遅い/無い、差別をしている等々・・・

正直、搭乗するその日までは不安で、良い印象を持っていませんでしたが、何事も経験と思い、予約してみました。

自分で良し悪しを確認するのはとても大事なことだと思います。

利用している日本人は少な目

今回乗っていて、チューリッヒ~アブダビ間は、日本人はほぼいなく、成田空港~アブダビ間はまあまあ(10人に1人)いるという感じでした。

また、チューリッヒからSWISSやANAなの直行便を利用するときは、機内はほぼ日本人です。

空港カウンターでの対応

対応は、かなりよかったです。

今回は、日本行きに関しては、コロナの陰性証明の確認などの特別な書類確認のため、普通の客室乗務員には分かり兼ねないことがやはりあったようです。時間はかかりましたが、スーパーバイザーの方と替わっていただき、きちんんと対応していただけました。

搭乗前の確認

搭乗する前は、客室乗務員の方が、わざわざ搭乗カウンター前の待合席で待っているお客を周って、航空券の確認とパスポートの確認を行っており、とても丁寧だと思いました。(普通は、搭乗する時に機械などで確認するぐらいだと思いますが)

機内の様子&対応(エコノミークラス)

航空会社によってそれぞれのカラー”がありますよね。SWISS白とグレーKLM青系(?)という感じなど。私は、エティハド航空淡いブルーとベージュの上品な色合いがとても気に入りました。

とても清潔感があり、きれに掃除されており、また、新しい航空機であった可能性もあります。

手動の窓ではなくこのボタンで明るく、又は暗くすることができます。

客室乗務員の方々の対応は、全体を通してとてもよかったです

アラブの女性の方はとても美しいですね、すこし憧れがあります。もちろん男性の方もいらっしゃいました。乗務員の方の中にはお疲れの方もいましたがそこに関しては、私も仕事している以上、理解がありますし、問題ない程度です^^。

機内で配られるアメニティ:歯ブラシ、歯磨き粉、除菌セット、耳栓、アイカバー、イヤフォン、クッション、ブランケット

機内食(エコノミークラス)

味は至って普通でした。特別に美味しい!というわけではなく、一般の機内食レベルです。ビジネスクラスなどは、また違うかもしれませんが。。。

基本、お肉ベジタリアンのメニューから選ぶことができました。飲み物はもちろん付いてきます(選べます)。

※アブダビ~チューリッヒ間、成田~アブダビ間のメニューをランダムに載せています。機内食はチューリッヒ~アブダビ間1回、アブダビ~成田間2回です。

※飛行時間は5時間半(チューリッヒ~アブダビ)+10時間(アブダビ~成田)+待ち時間、決して短くないのでご注意!

①ラム肉と野菜のトマトソース、ごはん、レンズ豆のサラダ、パン、チョコムース

うん、美味しい。チョコムース美味しい!

チキンとトマトソース、蒸し野菜、ごはん、和風のヌードル、パン、抹茶(?)のムース

美味しい。でも、ごはんもの+ヌードルがついてくるあたりが、理解できない。。。パンがどっちにしろ付いてくるので。サラダがいいです^^。

③トマトソースのパスタ、ひじきとうどんを和えたもの、パン、キットカット

うん、美味しい。ひじき+うどん、実はなんだろう少し戸惑いました(笑)

④ひよこ豆のサラダ、チキン照り焼きソース、ごはん、パン、ラズベリーのムース

うん、久々の和風だ、美味しい。

⑤ビーツのサラダ、魚とヌードル、パン、アップルパイ風ケーキ

これは成田空港に着く直前、日本時間8時ごろで、また長めに寝たあとであったため、重くて全部食べられませんでした。

よく日本時間の朝に着く場合は、朝ごはんのようなメニューがでると思っていましたが、違いました。他の航空会社では、現地時間の朝方に着くときは、朝ごはん用のメニューが出るところがありました。

⑥写真ないですが、サンドイッチ

このような感じの機内食でした★

スポンサーリンク

あの有名なアブダビ空港

「アブダビ空港」と調べて最初にでてくるのが、ターミナル1にある有名な光景です。

私は思ったよりも驚かなかったです。(笑)

もっとアーキテクト感がすごい、と勝手に大きな期待をもっていました。

写真で見た時は、インパクトがすごいと思ったんですが・・・やはり自分の目で見るって大事ですよね♪

関係ないですが、いつかドバイのスタバに行ってみたいです。。。

途中通路です。

しかしながら、空港内も特別なデザインを施すことで、たかが空港でも特別感を味わえる気がしますね。

やはり、売っているものがアラビアン・・・♦

初めてアラブ地域へ行った自分にとっては、目新しく、なんだか楽しかったです。

また、アラブの通貨はかなり安いのでお買い物したときは、かなりお得感がありました。

まさかのスイスチョコレートも売っていました。スイスでは”I love you“、”I missed you“見たことないです。

また、デーツがたくさん売っていました。アラブでは代表的な食べ物だそうです。

おわりに

初のアブダビ経由の旅、全体を通してとてもよかったです!

現在、日本へのフライトは14時間。直行便で14時間ずっと座っているくらいなら、どこかで途中経由をはさんで気分転換できたほうがいいという気持ちで利用してみました。

結果的にはよかったですが、また直行便の時間が短くなるのであれば、そっちのほうがいいですね。長旅は疲れます。

あと、言葉って大事ですよね、自分の意見をちゃんと言うこと分からないことは言う、表現すれば気持ちはちゃんと伝わると思います。エティハド航空のネガティブなコメントを見た時、やはり、従業員とお客様の意思疎通がちゃんとできていないのではないかと思いました。

そして旅の準備、必要な書類などを事前に全部揃えるなど、わからないことを明確にしておくことなど、今回のこのコロナ禍においてかなり重要でした。

あと、世界の平和を何時も願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント