地元民にも人気!チューリッヒに観光、人混みに疲れたら行くべき自然&絶景スポット

dolderbahn私の住む街、チューリッヒ
この記事は約5分で読めます。

チューリッヒ市内は、街もあれば、自然もすぐそこにあり、何もかもがひとつにぎゅっと凝縮されたようなところです。チューリッヒの中心部を少し離れれば、チューリッヒ湖以外にもたくさんの自然が広がります。今回はそんな意外とたくさんある自然の姿を見ていきましょう。

市内で一番高い山、ユトリベルグ

ここは私のチューリッヒの中ではお気に入りの山です。標高は約860m、決して高くないので、人よって”山”と呼ぶか、そうでないかで、たまに討論になります。ちなみに「ベルグ」はドイツ語で「山」という意味です。「低すぎて山とは呼べない!」とよくスイス人は言うけれど、まあ気にしないです。ここでは日頃から、たくさんのハイキングやジョギング、サイクリングを楽しむ人を見かけます。

行き方

山のふもとの電車駅トリエムリ駅(Triemli)から歩いて頂上までは、迷わず行ければ約1時間ほど。歩いて行くには、たくさんの行き道があるので、多少迷いやすいかもしれません。しかし、ドイツ語ですが目的地の名前と方向、距離が書かれたパネルがあるので、参考にしながら、頂上を目指していきましょう!結構坂を登らないといけないので、歩きたくない方は電車でもどうぞチューリッヒ中央駅から出ている電車に乗って頂上まで行くことができます。山の麓の電車駅にも発着します。最終駅の”Uetliberg “に到着して、歩くこと5分。展望台のある場所に辿り着きます。

チューリッヒ市全体を見渡せる

uetliberg-view

頂上から見る景色は絶品。本当にチューリッヒ市の全体の景色を眺めたいのであれば、ここは一番です。街から湖まで、天気がいい日には、遠くの山までよく見えます。

頂上には、レストランやさらに上に登れる有料の展望台もあります。レンストランには屋内外の席があり、美しい景色、美味しい空気と一緒に食事をすることができます。日によっては、ソーセージなどが売ってある、フードスタンドもあります。自分でサンドイッチやお菓子などを持ってきて、ベンチで楽しむのもいいですね。

また、ホテルもあります。普段見ることのできない、山から見る夜景を時間を気にすることなく堪能できます。

ここで思い出される”松尾芭蕉”

uetliberg

チューリッヒの冬には、天気の悪い日が結構続くのですが、そういうときに特に来るのがここ。展望台のある頂上は雲から突き抜けて、まるで嘘のように快晴なんです。そしてユトリベルグに繋がる山々が、海に浮かぶ島のように見えてきます。この光景はとても神秘的です。そこでなぜか、昔、中高生のときに勉強した、松尾芭蕉も滞在した(?)とされる”松島”が私の中で思い出されるんです。いつか本場”松島”にも行ってみたいものです。

動物園の近く、チューリッヒベルグ

zoo-view

チューリッヒ動物園のあるチューリッヒベルグにも、自然が広がっています。標高は約600mほどです。中央駅からはトラム一本で行けてしまいます。天気が良い日には、遠くの山々がよく見えます。実はここから、市の街を挟んで反対側に、ユトリベルグが見えます。

行き方

トラム6番に乗り、最終トラム停留所”Zoo”で降りて、動物園に向かう反対方向の道を5分ほど歩いていけば、ここからもチューリッヒの街全体に加え、チューリッヒ湖を望むことができます。途中にはホテル、レストランがあります。人混みに疲れて、少し休憩したいときに簡単に行ける最適のスポットです。

夕日が素敵、ケファーベルグ

sunset

標高約570m。ここから何度、夕日を見たことか。ここでは、チューリッヒ市内の他の山に比べて街までの距離が近く夕日が照らす美しい街並みより近くで見ることができます。特に夕日に照らされた教会には、とても風情を感じます。

行き方

こちらも中央駅からだと、トラム11番に乗れば一本で行けてしまうお気軽スポット。この山の最寄りのトラム停はブヘッグプラッツ(Bucheggplatz)。他にも数種類のナンバーのトラム、バスがここで発着しています。トラム、バス停留所からは10分ほど西方向へ歩きます。北側からチューリッヒの街とチューリッヒ湖を眺めることができます。

ケーブルカーで上がれる!アドリスベルグ

dolderbahn

標高約700mあるアドリスベルグには、ドルダー鉄道(Dolder Bahn)と呼ばれるケーブルカーで上まで行くことができ、これまた楽しいです♪

行き方

中央駅のトラム駅からドルダー鉄道が発着する最寄りの駅(Römerhof)まではトラム3番に乗れば、一本で行けます。

ドルダー鉄道に乗って最終駅まで行き、少し歩いて登ると、そこにはスケートリンクが広がります。スケートを楽しむ人々、アイスホッケーの練習をしている人などが見受けられます。

歴史のあるゴルフクラブ

golfclub

このゴルフクラブの建物は古くからある城跡のようです。尖った塔が付いた大きな城はとても見応えがあります。まだここが”ゴルフクラブ”の建物とは知らない時、「王様でも住んでいるのかなぁ」と思っていました!また、チューリッヒ湖から見える城は周の森に包まれているように見え、まるでおとぎ話のようです。

チューリッヒ工科大学(ETH)からの眺め

eth-view2

ここは自然があるスポットではないですが、チューリッヒの街並みが見られるところです。ここは意外と観光客の方々には知られていない気がします。立派なチューリッヒ工科大学の建物の手前には大きな広場があります。ここからチューリッヒ湖までは見えないものの、街並みを間近で見渡すことが出来ます。ここはチューリッヒ市内中心部にあり、非常に簡単に行くことができます。街の向こう側に見えているのは、ユトリベルグです。

行き方

歩いて(10分ほど)でも行けますが、”Poly Bahn”という、これまた赤いケーブルカーセントラル駅(中央駅の次のトラム駅)から出ていますので、もしチューリッヒの市内のチケット(110Zone)を持っていれば、このケーブルカーにも乘れますので、是非乗ってみてくださいね。ケーブルカーの移動距離はそんなにないですが、毎日学生が行き来するのに一役買っています。

おわりに

チューリッヒ市内にも人ごみを離れた自然を感じられる場所がたくさんあります。観光に疲れて、ちょっと一休みしたい、人混みを避けたい時などは是非ここへ来てみてください。自然とともに美しい街並みが、あなたを癒してくれると思います。

コメント