チューリッヒの秋 ~紅葉~

herbst2021-6私の住む街、チューリッヒ
この記事は約3分で読めます。

久しぶりの投稿になります。

チューリッヒには秋が来て、すでにもう去ろうとしています。

チューリッヒの秋が完全に去る前に、皆さんに秋の様子をお届けしたいと思います。

紅葉が始まった10月

10月中旬

今年初めてチューリッヒで紅葉が目に付いたのは、10月中旬です。

herbst2021

家の近くの墓地では、こんなに木が真っ赤色に染まっていました。

やはり、初見は驚きと共に目を奪われます・・・

その後もチューリッヒでは、秋晴れが続き、いわゆる”調度良い”気候でした。

herbst2021-2

お散歩に最適な気候です。

herbst2021-3

リマト川を挟んで、リンデンホフの丘を眺めます。木が黄色く、華やかさを増しますね。

リマト川をずっと北に北に行き、さらに綺麗な川岸で紅葉を楽しめました。

herbst2021-4

一本の木がこんなにカラフルに。。。

herbst2021-5

10月下旬

さらに、木々が赤々とし、紅葉の全盛期となりました。

herbst2021-6

青空と照らし合わせて見ると、さらに素敵です。

herbst2021-7

言葉はいりませんね。。。

herbst2021-8

チューリッヒでも、こんなに綺麗な紅葉を見ることができます。

四季があるというのは、いいですよね。

見納めの11月

11月上旬

紅葉も見納めと思い、森まで行きました。

herbst2021-9

森の中で見る紅葉は、迫力がありました。

herbst2021-11

天気も良く、四方八方から目に入り込んでくる色に圧倒されました。

herbst2021-12

道はこのように、落ち葉の絨毯になっていました。

herbst2021-13

ここからは帰りたくなかったです。(笑)

11月上旬~今

紅葉の盛りはあっという間に過ぎ、雨や風が強い日が何日続き、葉はどんどん散っていきました。

気温もどんどん下がっていき、冬へだんだん移行していっているのを感じました。

herbst2021-14

今日(11月10日)のリンデンホフの様子です。

herbst2021-15

チェスを楽しんでいる人たちを発見しました。

herbst2021-16

初冬の寒々しい感じが写真を通して伝わってくるかと思います。

気温は最近はというと、もう10℃以下です。

herbst2021-17

リンデンホフから見える、街の様子です。

ここからの景色は、いつ見てもチューリッヒらしくて好きです。

少し街の様子も見ていきましょう。

herbst2021-19

大聖堂教会(グロースミュンスター)のところまで降りて来ました。

いつ見ても良いですね!

herbst2021-20

そして、橋の右手はこのような感じ、

この日は、雲が低いのか霧なのか、晴れているのに太陽になかなか出会えない一日でした。

チューリッヒでは、冬は曇りの日が多いですが、冬には、街中イルミネーションがどんどん付くので、それがまた楽しみです。

herbst2021-22

10月の最後の週末には、サマータイムも終わりました。その日以来、1時間、時間を遅らさせているので、夕方になるとすぐ暗くなるように感じます。スイスに住んでいる人にとっては、5時でこの暗さという変化を受け入れるのは厳しいようで、冬には鬱傾向の人が増えると言います。

herbst2021-23

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

またお会いしましょう♪

トラムに乗って帰ります。。。

herbst2021-24

(パラデプラッツ)

コメント