リ・ジョンヒョクとユン・セリの感動の再会と、スイス最高級の絶景

韓国ドラマ『愛の不時着』で見るスイス
この記事は約4分で読めます。

二人が再会を果たしたシーン。

このときの熱いキスと共に映った絶景に、私は思わず画面に近づいて、見入っていました。

 

なんて絶景なんだろう!!

 

四方八方を大自然に囲まれた場所で、愛する人と偶然の再会をするって…. 流石です。

 

私はまだここには行ったことがありません。できる限りの情報を集めてまとめてみました。ご了承ください。

二人の再開の場所

最高ランクの絶景!

grindelwald

ロケ地となったのは、グリンデルワルドの町から行くことができる山頂First(フィルスト)駅の近くです。

何回も言いますが、あの再開のシーンでは本当に目を奪われました。”熱々の二人を中心に広がるあの絶景は他では見たことがない”と。途中でどこを見ていいのかわからなくなりました。(なので何回も見ました笑)

 

grindelwald2

地球の大自然“を感じられる場所ですね。

ユン・セリみたいにパラグライダーしたら、気持ち良いでしょうね!

 

グーグルマップで正確な場所を調べてみようとすると、『愛の不時着での二人の再開の場所』として載っていました。(笑)気になる方はこちらを是非見てみてくださいね。

三人が出くわした場所でもある

山頂フィルスト駅のひとつ前の駅、Schreckfeld(シュレックフェルド) 駅周辺の山道では、ユン・セリがぶつぶつ言いながら、リ・ジョンヒョクとソ・ダンの写真を撮るシーンで使われています。

フィルスト駅からシュレックフェルド駅まではリフトでも行き来できる他、歩いて30分ほどでも行けるようです。

パラグライダーの聖地

グリンデルワルドに加えて、インターラーケン地域はパラグライダーに最適の場所です。

インターラーケンはアルプス山脈の絶景がもちろん魅力ですが、4000メートル級の山々が壁となり、天候の急変による影響を受けにくく、安定した気象条件に恵まれているそうです。

自然の大きさが目に沁みます。自分たち人間がどれだけ小さいことか….

もうひとつの見どころ

そして山頂のフィルスト駅からシュレックフェルド駅反対方向へ片道一時間ほど歩くと、

 

アルプスの宝石

 

と呼ばれる、バッハアルプゼー(Bachalpsee)という湖があります。

せっかくロケ地に来たのなら、ここには行くしかないですね。

言葉では表せないほどの光景です…

山頂から1時間ほどなので夏にはハイキングもできて調度良いと思います。

日本語観光案内所がある

グリンデルワルドもう既に、日本の方からも大人気の観光スポットです。

グリンデルワルド駅前には日本人のスタッフが常駐する日本語観光案内所もあるので、初めての方でも行きやすいですね。

ロケ地まわりに最適!?

ここグリンデルワルドはユネスコ世界遺産に登録されているユングフラウ地域などへの観光、登山の拠点となっています。

なのでここを拠点に、もうひとつの愛の不時着ロケ地、ラウターブルンネンにあるクライネシャイデックへ行き、また名峰ユングフラウヨッホに行くというプランも良いと思いますね。

ラウターブルンネンにあるクライネシャイデックでは、ユンセリとリジョンヒョクがまだ北朝鮮で出会う前にスイスへ訪れたとき、ここで知らず知らず一緒に空を見上げパラグライダーを見つめるシーンで使われています。

ユングフラウヨッホの展望台まで、インターラーケンからグリンデルヴァルド (東回りルート)、又はラウターブルーネン(西回りルート)で行くことができるのですが、この二つのルートの登山電車が合流する駅がこの”クライネ シャイデック駅”です。そして、ここでユングフラウ鉄道への乗り換えができます。

そして、ユングフラウヨッホの展望台もまた、ロケ地として使われています。

ドラマ中では、この特徴的な展望台が上空から映りだされ、またユンセリがエレベーターに乗っているところなどで出てきました。

 

ここ周辺は、夏にはハイキング登山、冬にはスキー客でとても賑わっています。

こちらのページもご参考に(クリックするとサイトにジャンプします)

・ユアトリップ

・Travel Book

・スイス政府観光局

 

もう行くしかない!

コメント