正直驚いた!チューリッヒから一時間で行ける大自然が見られるところとは?

weesen-eyecatchスイス観光
この記事は約4分で読めます。

休日のある日、旦那さんがいきなり

「電車にのって、降りたらすぐ”大自然”ってとこに行きたい。」

と言ってきました。

私はというと、

”そんな大自然、2,3時間はかかるよなぁ”

と思って全く乗り気ではなかったところ、彼が自分で調べてある行先を提案してきました。

ヴェーゼン(Weesen)』というところ。

彼が云うには、一時間で行けるよう。私は少しの自然はあろうとも、そんな近くに大自然があるなんて信じられずにいましたが、とりあえず行くことになりました。

電車で1時間、ガタンゴトン・・・ガタンゴトン・・・(実際にスイスの電車はかなり静かで、ガタンゴトンとはならない。スーーーといった感じ。)

チューリッヒ中央駅から”ツィーゲルブリュッケ(Ziegelbrücke)”という駅に50分くらいで到着。

 

そしたら、すでに大自然は広がっていたのです。「Oh, my God  !」なんともう、大きな山が駅から近くに見える!疑った自分が愚かだったと反省し、旦那さんに感謝して付き添って行きました。駅からバスに乗って10分、『ヴェーゼン』に着きました。

『ウェーゼン』というところ

weesen

ウェーゼンはチューリッヒの東に位置する、サンクトガレン州にある地域です。

バスから降りた瞬間にその景色は再び始まりました。ウェーゼンにはヴァーレン湖という湖があり、近くにはたくさんの山があり、山に囲まれた場所のようでした。湖は静かに青く、まるで海のよう。周りに広がる山には迫力があり、そのなかに優しさがあります。少し歩いて行くと緑も広がり、自然に溢れている町でした。

湖が濁っているのは、春の花粉の仕業です。

『アムデン』へ

amden

ウェーゼンから続く湖沿いの道を歩くと、アムデンという地域に入ります。湖はひたすら続きます。ここから本格的に湖沿いのハイキングの始まりです。

湖沿いに広がる景色

amden2

2時間ほど湖沿いを歩きました。そのなかで岩山のトンネルがあったり、緑の芝生が広がったり、小さな教会があったり、そして最終的には滝(セーレンバッハ滝)をも見つけました。ここまで来るのに相当歩きました。なんの覚悟もなしにきた私にとっては少しきつかったですが、それを払拭してくれるように、美しい景色がそこにはありました。

高くから落ちて行く水

amden3

滝があるとは知らず来た私は、セーレンバッハ滝を見れたときは、本当に感動しました。高くて大きな岩山、崖のようなところから、水が、大量の水がはて果てしなく、決して終わることなく、落ちて行きます。

高いところから少量落ちてくる水、低めのところから、大量におちてくる水、滝は近くで見ると二つに分かれていました。すごく高くから落ちて行く水の中には、中間地点で水の量が少ないために力をなくし、無力となり、無重力と重力の狭間でゆらゆらと、薄い布でできたスカートが風に揺られるようにシブいていました。なぜかその姿が目に留まり、一瞬目が離せませんでした。

ものすごい音でした。水がものすごい勢いで岩にぶつかります。その岩は、その勢いのいい水を一生、下で力強く受け止め続ける・・・痛くないかな(?)なんて思ってしまいました。。。

湖に入って自然を感じる

weesen-strand

これは私が泳ぐのが好きだからでありますが、水の中に入ると、なんとも自然に溶け込み、自然と一体となり、自然の一部になったようで、さらに私の自然への感覚が研ぎ澄まされます。水の温度を感じ、山から流れてきた水の中へ、自然の循環システムの中へ入る感覚は、なんとも言い表し難く、とにかく素晴らしいです。冬以外だと湖をみつけたら、入らずにはいられないです。笑

ここはビーチのようになっています。帰りがけに、ここにはグリル専用の場所があったので、ブラートヴルスト(白ソーセージ)をグリルして帰りました。泳いだ後に、美しい景色とたべるソーセージは最高です♪

グリルに関して気になる方はこちらの記事↓をご覧ください。

おわりに

ここは期待していなかった自分には、すご過ぎる景色でかなり圧倒されました。青い湖と緑の山と・・・天気も良くて色鮮やかな景色を見ることが出来ました。

そして、”自然と一体になる”、という経験はかけがえのないものだと思いました。普段の忙しい日常に欠けていた大切な何かを思い出せてくれます。自然を、目で耳で肌で・・・まさに体全身で感じてきました。

是非、私の感じたことを共有して頂きたい。と思い記事にしてみました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント