これを見たらヨダレが出ちゃう!チューリッヒで食べられる絶品のソーセージとは?

cervelat私の住む街、チューリッヒ
この記事は約5分で読めます。

スイスの中でも私の住んでいるチューリッヒでソーセージのフードスタンドに行けば必ずある、そしてグリル(バーベキュー)をすれば必ず楽しめる、スイスの絶品「ソーセージ」

今回はその絶品のスイスのソーセージを私のお気に入り順でご紹介します。(注:人気順、感想については、全て私の意見です、また出てくる写真は私が実際にグリルしたときのものです。)

見た目が美味しすぎて、ヨダレが出ないよう、要注意です!

お気に入りNo.1 「オルマ・ブラートヴルスト」

一番のお気に入り「オルマ・ブラートヴルスト(Olma Bratwurst)」はこちら!

bratwurst

この白いソーセージ、「ブラートヴルスト」の元祖はドイツ。しかしチューリッヒ州の隣、サンクトガレン州の名産物、「オルマ・ブラートヴルスト」はチューリッヒ民にも大大大人気!

マイルドな美味しさ

ソーセージと言えば普通は、塩味が効いていて”ごはんのおかずにも!”という感じですが、こちらの白いソーセージは、味が何と言ってもマイルド。塩気はあるものの、そこまで塩辛さはありません。パリッとした外側の皮と中のマイルドでジューシな旨味で、大きいサイズにもかかわらず、ペロっと平らげてしまいます。パンを付け合わせで食べるのが主流なのですが、パンを少ししかかじらなくていくらい、私はこのソーセージ味が大好きです。

仔牛のお肉でできている

そうこの白いソーセージ、仔牛のお肉で作られています。そのため、牛肉特有の臭みがなく、割と淡白な味がします。食感は、普通のソーセージに比べると、もっと水分を含んでいる感じで柔らかい。そして、オルマ・ブラートヴルストの特徴は、普通のブラートヴルストと違って、豚のお肉も少し使用されています。味が少しだけ複雑になり、美味しさをさらに増します。だからきっと飽きることなく食べてしまうんでしょうね…。私のお気に入りのソーセージです!

お気に入りNo.2 「セルベラ」

こちらは、「ザ・ソーセージ」です。子供から大人までみんな大好き、スイスの国民的ソーセージです。

cervelat

みんなが好きな王道の味

先ほども言いましが、子供から大人までみんな大好き、国民的ソーセージのセルベラは、ザ・ソーセージの味です。みんなが知っているあの味。タコさんウインナーになってお弁当に入っていた、あの大好きなソーセージの味。そう、誰もが知っている味なのです!

塩気も十分にあるので、夏の暑くて汗をたくさんかいた日など、無性にこのセルベラが食べたくなります。

生でも食べられる

このセルベラと呼ばれるソーセージ、生でも食べられるんです。生で食べたいときは、周りに付いている皮は噛み切れないので、しっかり剥がして食べます

時間がないとき、ちょっとかじりたいときなどに良いですね。

生のセルベラを使ったサラダレシピ

生のセルベラは、スイスではサラダに入れて食べられ、スーパーでもパックに入って売られています。

〈材料〉

  • セルベラ
  • 玉ねぎ
  • チーズ
  • フレンチ風ドレッシング

セルベラはお好きな大きさに、玉ねぎは薄切り、チーズは小さめ(2mm幅の1cm×0.5cmに私は切っています)。これ全部をドレッシングで混ぜてしまえば、簡単で美味しいセルベラサラダの出来上がりです。

玉ねぎの爽やかさが、セルベラとチーズによく合い、味わいにバランスのとれた組み合わせです。私はよく、カットレタスなども混ぜて頂きます。

グリルする楽しみ

自然と共に楽しむ

grilling

私の最近のブームなんですが、緑のある場所、川岸などで自然の場所自然の道具を使ってグリルすることです。

以前はスーパーで買い、持ち運びが大変な大きなグリル器を使っていましたが、最近は、例えば森の中にある石で囲われたグリル専用のスペースで、拾った木の枝を積み重ね上げて火をつけ、10分ほど火を焚いた後、煙が減るのを待ち、木の枝にソーセージを刺してグリルします。

この木の枝に刺すのがまたまた良いんですね〜。サバイバル感があり楽しすぎます。ソーセージとマッチを持っているだけで簡単にグリルできてしまいます。自然の道具を使うことにより、美味しさ楽しさ倍増です!

自分でセルベラをグリルする際は、ナイフで表面に3,4本ほど切り込みを入れ、先端をタコさんの足にして、タコさんウインナー風にします。ブラートヴルストには、切込みはいれません。特にセルベラが油を吹き出し、「ジュージュー」いう瞬間は、もう・・・たまらないです!

観光に来た際は街中で食べてみてはいかがですか

レストランでも食べられ、またはチューリッヒの湖岸にあるようなフードスタンド、中央駅内でも売っています。また、お祭り中などでも、炭を使ってグリルされているものがほとんどなので、街中でも十分に美味しいソーセージを堪能できます。

「ブラートヴルスト」は約8スイスフラン、「セルベラ」は約7スイスフランぐらいで、パン付きで売られています。チューリッヒへ来たときは是非食べてみてくださいね!

付け合わせのパン”ビューリ”

burli

ソーセージ付け合わせのパンとして用いられるのが”ビューリ(Bürli)“と呼ばれるパンです。パン屋によって堅さや中のもちもち感は変わってきますが、もしチューリッヒでソーセージのフードスタンドを見つけたら、『Gold Bürli(ゴールドビューリ)』とどこかに書いてあるところをおすすめします。ソーセージのフードスタンド、またはレストランにパンを提供している、チューリッヒで名のあるパン屋さんです。

チューリッヒの人が言うには「美味しいパンがあるところのソーセージは美味しい。」そういう考えなんだそうです。

おわりに

チューリッヒで食べられるソーセージ、いかがでしたか?

バーベキューなど屋外や自然の中で食べる味は、また一味違いますよね。チューリッヒでも、それをスイスのソーセージで、美しい景色と共に堪能して頂けると思います。

是非一度チューリッヒへ来たときは食べてみてください。

コメント